1Z0-327問題集、1Z0-327試験資料、1Z0-327参考書、1Z0-327試験内容

Oracle Software as a Service – Oracle Enterprise Resource Planning Cloud 1Z0-327認証試験を通ってからかなり人生の新しいマイレージカードがあるようで、仕事に大きく向上してIT業種のすべての方は持ちたいです。
Oracle Software as a Service – Oracle Enterprise Resource Planning Cloud 1Z0-327試験の準備をするとき、がむしゃらにITに関連する知識を学ぶのは望ましくない勉強法です。
試験番号: 1Z0-327
試験名: Oracle Procurement Cloud 2016 Implementation Essentials
試験時間:120 minutes
出題数: 83
合格ライン:60%
合格ラインポリシー
追加情報:
不正行為に関するポリシー
再受験について
出題形式:Multiple Choice
受験料(税抜き): 26600 円
TestpassportのOracle Software as a Service – Oracle Enterprise Resource Planning Cloud 1Z0-327問題集の最大の特徴は20時間だけ育成課程を通して楽々に合格できます。
弊社のOracle Software as a Service – Oracle Enterprise Resource Planning Cloud 1Z0-327試験資料を利用したら、時間を節約することができるようになります。
弊社のOracle Software as a Service – Oracle Enterprise Resource Planning Cloud 1Z0-327参考書を持っていたら、試験に直面する自信に満ちることができ、合格しないなんて全然心配することはなく気楽に試験に受かることができます。
弊社のOracle Software as a Service – Oracle Enterprise Resource Planning Cloud 1Z0-327学習材料は最新で最全面的な資料ですから、きっと試験に受かる勇気と自信を与えられます。

1Z0-327試験内容 チェックリスト:

調達アプリケーションの概要
調達アーキテクチャとコンポーネントを説明します
流れを支払うために単純化された調達を説明
調達アプリケーションの統合を説明します

Fusionの機能セットアップマネージャ
アプリケーションの実装のライフサイクルを説明します
機能のセットアップエンタープライズ?ロールの説明
実装を計画
製品の構成
設定タスクリスト、オファリング、およびオプションの生成
ユーザーにタスクを割り当てます
導入プロジェクトを管理します

調達のための一般的なアプリケーション
エンタープライズ構造を説明します
アプリケーションセキュリティ、職種、デューティ?ロール、および権限を設定します
調達のためのビジネスユニット、一般的な債務、調達オプション、および承認の管理を作成します。

一般的な調達
サプライヤー構成とサプライヤーのサイトの割り当てを管理します
支払条件を定義し、UOM、キャリア、およびハザード句
サプライヤーのビジネス分類検索、サプライヤーの製品、およびサービスの階層を定義します。
プロファイルオプション、および承認サプライヤーリストのステータスを購入し、貨物ルックアップを作成します。

購入
購入文書の構成と文書のスタイルを定義します
ビジネスユニットの機能構成を定義し、調達ビジネスユニット、ドキュメントの種類、変更注文テンプレートを設定します
購入のための受信パラメータの定義
線種を作成し、受注を変更し、調達エージェントを割り当てます
予算管理と負担の会計処理を設定します
金融オーケストレーションフロードリブン調達を設定します
サプライヤーからの委託在庫のセットアップ調達

セルフサービス調達
セルフサービス調達を説明します
プロファイルオプション、カタログ分類、コンテンツマップを管理し、Requisitioningビジネス機能を設定します
公共のショッピングリスト、スマートフォーム、カタログ、カテゴリー階層、テンプレートとパンチアウトを作成します。
購買申請の承認を設定します

サプライヤーポータル
目的、ポータルの設定、およびメンテナンスを説明します
ポータル登録、サプライヤープロビジョニング、およびデフォルトロールを作成します。
サプライヤーの事業区分を説明し、内部および外部のサプライヤー登録

ソーシング
ソーシングの構成の目的を説明します
交渉のスタイルとテンプレートを使用します
コスト要因、属性リスト、交渉のルックアップ、およびネゴシエーションリストを作成
交渉と賞の承認を設定し、サロゲート入札、オンラインメッセージ、通知の概要、および二段RFQ

調達のレポートおよびビジネスインテリジェンス
調達のためのレポートおよびビジネスインテリジェンスを説明します
作業領域とソーシングの購入にOTBI、POS、のPR、ダッシュボードのメトリックのRTFテンプレート、およびグラフの設定

サプライヤー資格管理(SQM)
SQMを設定し、ご質問、資格エリア、およびモデルを作成します
取り組み、応答、アセスメントの評価、および資格を含め、SQMプロセスを設定し、トランザクションを管理します

調達契約
契約条件のライブラリを設定します
契約条件、調達契約、承認、および契約のフルフィルメントを作成します。

Testpassportは品質の高いOracle Software as a Service – Oracle Enterprise Resource Planning Cloud 1Z0-327学習資料は受験生の必要が満足できるサイトです。
弊社のOracle Software as a Service – Oracle Enterprise Resource Planning Cloud 1Z0-327トレーニング資料を持っていたら、試験のために充分の準備をすることができます。
Oracle Software as a Service – Oracle Enterprise Resource Planning Cloud 1Z0-327無料サンプルをご参照ください。

1.Your customer is Implementing the full suite Cloud procurement.They would like to know how best they
can utilize the Contract Terms library.
Identity three applications from where users can access the Contract Terms library for setting up “contract
terms” for different documents.
A.Supplier Model
B.Self Service Procurement
C.Sourcing
D.Purchasing
E.Procurement Contracts
Answer: AC

2.An organization implementing Supplier Qualification Management has multiple procurement business
Units: PR BU1, PR BU2, and PR BU3.The Corporate head office (CORP BU) is also defined as one of the
procurement business units.
The organization wants to maintain and manage the Qualification area-A for use by all the procurement
business units, but wants the Qualification area-B to be used only by CORP BU and PR BU1.
Identify two setups to fulfill this requirement.
A.Create the Qualification area-Bin CORP BU and select PR BU1.
B.Create the Qualification area-A in CORP BU and select the “Global” check box.
C.Create the Qualification area-BU and select the “Global” check box.
D.Create the Qualification area-Bin CORP BU and select the “Global” check box.
E.Create the Qualification area-A in PR BU2 and select PR BU BU3.
Answer: CE

3.Which three business users can submit a new supplier request?
A.Self-Service Procurement user
B.Warehouse Manager
C.Catalog Administrator
D.Supplier Administrator
E.Category Manger
Answer: BD

4.During Oracle Procurement Cloud Implementation, one of the requirements of the customer is to
Capture the revision history of Purchase Orders when ‘notes to receiver’ is entered or updated as part of a
Change Order.Identify the setup that needs to be performed in order to capture change history when a
user updates ‘notes to receiver’ as part of the Change Order.
A.Update the attribute ‘notes to receiver’ in supplier site assignment for the supplier site.
B.Update the attribute ‘notes to receiver’ in Common Payables and Procurement Options’ for the
procurement Business unit.
C.Update the attribute ‘notes to receiver’ in ‘Configure Requisitioning Business Function’ for the
requisitioning Business Unit.
D.Update the attribute ‘notes to receiver’ in the Change Order template for the Purchase Order.
Answer: AC

http://pdf.testpassport.jp/1Z0-327.pdf