1Z0-160受験資料は試験質問、勉強ガイド、練習試験とオンラインテスト道具などを含みます

Oracle Platform as a Service (PaaS) 1Z0-160試験合格は常に自分自身の知識を向上させる使用することができます。
下記はOracle Platform as a Service (PaaS) 1Z0-160試験概要です。
試験番号: 1Z0-160
試験名: Oracle Database Cloud Service
試験時間:120 分
このほか、試験受験時には受験契約の同意やアンケートのための時間(15~30分以内)が必要です。
出題数: 70 問
合格ライン:63%
合格ラインポリシー
追加情報:
本試験の対象バージョンは、Oracle Database as a Service Cloud v 12.1.0.3 です。
ベータ試験(1Z1-160)の配信は、2016年3月27日を持ちまして終了しました。
ベータ試験の合否結果は、配信が終了してから約11週間後に、オラクル認定システム(CertView)上で確認できます。
合否結果が CertView に反映されましたら、別途、ピアソンVUE社の登録Eメールアドレス宛へ通知させていただきます。
ベータ試験に関する、よくあるお問合せ(試験の合否結果を含む)については、FAQの検索キーワード欄に「ベータ試験」を入力してご確認ください。
正式な試験(1Z0-160)は、2016年6月16日にリリースされました。
不正行為に関するポリシー
再受験について
出題形式:選択問題
受験料(税抜き): 26600 円
対応資格:Oracle Database Cloud Administrator Certified Professional , ORACLE MASTER Cloud Oracle Database Cloud Service – Available only in Japan (Oracle Database Cloud Service Operations Certified Associate) , Oracle Database Cloud Service Operations Certified Associate , Oracle Database Cloud Administrator Certified Associate , ORACLE MASTER Silver Oracle Database Cloud Service Administrator – Available only in Japan (Oracle Database Cloud Administrator Certified Associate) , ORACLE MASTER Gold Oracle Database Cloud Service Administrator – Available only in Japan (Oracle Database Cloud Administrator Certified Professional)

TestpassportのOracle Platform as a Service (PaaS) 1Z0-160問題集は豊富な経験を持っているIT業種の専門家が長年の研究を通じて、作成したものです。
弊社のOracle Platform as a Service (PaaS) 1Z0-160問題集を使われて、ほとんど試験を通しました。弊社のOracle Platform as a Service (PaaS) 1Z0-160受験資料は試験質問、勉強ガイド、練習試験とオンラインテスト道具などを含みます。
他のお客様が弊社のOracle Platform as a Service (PaaS) 1Z0-160試験資料を使用してから、少し高いですが、試験代を考えたら安いと思います。

1Z0-160試験内容 チェックリスト:

DBaaSの開始
Oracle Cloud Serviceに対するトライアル・サブスクリプションを要求およびアクティブ化する方法を識別する
各種のOracle Database Cloud Service(スキーマとDBaaS)を区別する
DBaaSインスタンスとデータベース・インスタンスの違いを認識する
DBaaSインスタンスを作成する手順を識別する
DBaaSが提供する2つのサービス・レベルを識別する
DBaaSインスタンスを作成するタイミングで、Oracle Cloud Serviceのストレージ・ボリューム、その割当て場所を識別する
DBのどのバージョンを使用するか、およびクラウドに移行できないバージョンを判断する
Oracle Databaseのエディションとして正しいものを選択する: Standard Edition One、Standard Edition、Enterprise Edition、Express Edition、Personal Edition

DBaaSの管理: Database Cloud Serviceインスタンスの管理
「CLOUD マイ・サービス」のダッシュボードでナビゲートする
Database Cloudコンソールでナビゲートする
Oracle Database Cloudインスタンスのユーザー/権限の必要性を管理する
Oracle Database Cloudインスタンスのストレージ/ディスク要件を管理する
DBaaSインスタンスにパッチを適用する
ネットワーク・グループを設定する
oracleユーザーとOPCユーザーを区別する
セキュア・シェル(SSH)を使用してVMに対する接続を設定する
UNIX/Linuxユーザー用にSSHを設定する
VMのポートに対するアクセスを有効にする
デフォルトのバックアップ構成を使用する
バックアップをカスタマイズする
システム・ユーティリティbkup_apiを使用してオンデマンド・バックアップを作成する
Cloud Serviceのユーティリティ(dbaascliなど)を使用する
オンデマンド・バックアップを実行する
最新のバックアップからリカバリを実行する
Xserver/Xterminalの接続を設定しDBAツールを使用する
Oracle Database Cloud Serviceインスタンスを監視する
VMのリソース使用状況とOracle Databaseのステータスを表示する

DBaaSへの移行
オンプレミス・データベースをクラウドに移行する目的について説明する
オンプレミス・データベースと事前作成済みDBaaSデータベースにおける、サポートされているOracle Databaseのバージョンおよびリリースの移行互換性について説明する
移行方式について説明する
移行の方式を選択する
特定の構成を考慮する

DBaaSのセキュリティ
ネットワーク・レベルのセキュリティ
ユーザーの認証とロール
Oracle Compute Cloud Serviceを使用してネットワークの設定を行なう
セキュリティ・リストとインスタンスの役割について説明する
セキュリティ・リストとIPリストを作成する
セキュリティ・ルールを適用する
セキュア・シェル(SSH)の公開鍵/秘密鍵ペアを生成する
仮想マシン(VM)のポートに対するSSHトンネルを作成する
VMのポートに対するアクセスを有効にする
DBaaSインスタンスのカスタム・ホスト名またはドメイン名を定義する
SQL*Netを使用してDBaaSデータベースにリモートで接続する
クラウド・サービスに対する、およびDBaaSデータベースにおけるユーザー・アクセスを管理する
Oracle Representational State Transfer(REST)Data Services(ORDS)を管理する
Oracle Application Express(APEX)に対するアクセスを有効にする
Cloud Database Monitorへのアクセスを有効にする

パフォーマンスとスケーリング
スケーリングの問題を識別する
スケーリング操作を回避する方法を識別する
スケーリングを行なうタイミングを識別する
DBaaSインスタンスをスケーリングする方法を識別する

Oracle Platform as a Service (PaaS) 1Z0-160問題と答案だけでなく、合格と精確の説明も手に入ります。

1.You want all your colleagues to be able to access the compute node associated with an Oracle
Database Cloud – Database as a Service (DBaaS) instance. You want them to do so by using a custom
host name rather than an IP address regardless of the client machine (personal or provided by the
company) that they use for the access.
How would you enable this access?
A. Configure the Advanced Security Option (ASO).
B. Enable secure access to the DBaaS instance VM and database instance from remote hosts by using
SSH.
C. Contact the administrator of your company’s intranet DNS and request a custom DNS record for the
compute node’s public IP address.
D. Edit the machine’s/etc/hostsfile.
E. Resolve your domain name to the IP address of the DBaaS compute node by using the third-party
domain registration vendor console.
Answer: C
Explanation:
You can associate a custom host name or domain name to the public IP address of a compute node
associated with your Oracle Database Cloud Service environment.
To associate a custom host name to the public IP address of a compute node, contact the administrator of
your DNS (Domain Name Service) and request a custom DNS record for the compute node’s public IP
address. For example, if your domain is example.com and you wanted to use clouddb1 as the custom
host name for a compute node, you would request a DNS record that associates clouddb1.example.com
to your compute node’s public IP address.
References:https://docs.oracle.com/en/cloud/paas/database-dbaas-cloud/csdbi/define-custom-host-or-do
main-name.html

2.With Oracle Database Cloud Service as the subscription type, you must configure a database for
Backup and Recovery.
Which two options do you have to back up your database instance?
A. No backups required. You are responsible for configuring the database backups.
B. Backup to cloud storage and VM block storage. Ten days worth of backups are kept, with five most
recent days worth of backups available directly on VM block storage.
C. Backup to Oracle Cloud Service storage volumes that is equal to five times the value that was provided
in Usable Data Storage when the instance was created.
D. Backup to cloud storage and VM block storage. Fourteen days worth of backups arekept, with seven
most recent days worth of backups available directly on VM block storage.
Answer: A,C